Our tour begins at the town christening site, located at 101 N. Chicago Street:

Christening Site of Lincoln/Lincoln Depot (101 N. Chicago St., corner of Broadway and Chicago)

You are probably aware that the forts and settlements that became the great cities of Chicago and St. Louis were located where they were because of the availability of water travel. The railroad was built on a line to connect these great cities. Lincoln, as did many other towns, sprang up along these railroads.

In 1853, three gentlemen from Elkhart, (which is down the road about 15 minutes on Route 66) John Dean Gillett, Virgil Hickox, and Robert Latham, platted the village which was to become Lincoln, Illinois. With their financial resources, and more than a little insider information, they knew the railroad would need a full-service station in Lincoln. At that time, trains could only travel about 30 miles before they needed water and wood again. There was a station in Springfield and Bloomington, but one was needed here in Lincoln. (Lincoln Depot pictured left.)
They filed the proper paperwork and hired Abraham Lincoln as their attorney. A popular folk tale was that the blocks along the railroad are longer than they are deep. The legend states that John Logan, who was 5’6″ walked East to West and Abraham Lincoln who was 6’4″, walked North to South, making the blocks rectangular in shape. The land abutting the railroad would be more valuable than the land away from the railroad. When asked if they could name the city Lincoln, he stated, “You can if you want, but nothing named Lincoln ever amounted to much.” Lincoln was asked to speak at the christening and a young man was selling watermelon from his wagon. Lincoln approached the wagon, selected a watermelon, cut it open with his pocketknife, and squeezing the juice on to the ground, christened the city of Lincoln on August 27, 1853. (Christening monument pictured right.)
Abraham Lincoln frequented this city by train after its founding. As president-elect, Lincoln came here on November 21, 1860. He stopped near the Deopt to make a few remarks from the rear of his train. This was his last spech in Logan County and the last time Lincoln would visit his namesake city, until his funeral train stopped here on May 3, 1865. The current depot was built in 1911.
Logan County Illinois Genealogical & Historical Society (114 N. Chicago St)

The Society’s goals are to encourage the preservation of the family from the past, to the present, for the future. To preserve local history and to maintain a Research Center for a centralized collection of Logan County’s resources.

Also at this location is the Lincoln Room. This room houses the LCGHS collection of Abraham Lincoln books, plates, photographs, and memorabilia.
State Bank of Lincoln (111 N. Sangamon St., corner of Broadway and Sangamon)

Abraham Lincoln met sculptor Leonard Volk on the boardwalk in front of the Lincoln House Hotel. Volk asked Lincoln to pose for a bust and life mask of his face and hands. Signed copies of the masks, as well as original artwork by Lloyd Ostendorf of Lincoln in Logan County, are on display in this building’s lobby.

This artwork is located in the foyer of the State Bank of Lincoln. It includes a large throw picturing the Christening of Lincoln, as well as a bust and several facial models of Abraham Lincoln.

This statue of Abraham Lincoln depicts a part of the Christening Scene. At his feet is the watermelon he used, and in his hand is the tin cup the juice was poured from.

At the top of this picture, you can see a mold of Abraham Lincoln’s hands. At the bottom of the image are footprints, matching those of Lincoln as well. For a few moments, you can put your hands in his, and stand in his shoes.
Site of the Lincoln House Hotel (501 Broadway St.)

The Lincoln House was one of the best hotels between St. Louis and Chicago during it’s time. It stood on this location from 1854 to 1870. Nearly all the politicians of that time came to the Lincoln House at some point, including Abraham Lincoln, Stephen A. Douglas, David Davis, and Richard Ogelsby. The Lincoln House was originally a two story structure that featured a large veranda.

The plaque shown at the right was placed in 1964 by the Lincoln Kiwanis, Lions, and Rotary Clubs and the Illinois State Historical Society. It gives a brief description of the history of this location.
The building shown left is at least the third and maybe the fourth building to occupy this space. The original building, built in 1854, burned soon thereafter, as did most of downtown Lincoln. While excavating for a later rebuild, catacombs were found under the building which may have been used as hiding places for slaves in the Underground Railroad. These Underground Railroad tunnels are speculated to be used by gangsters in the 1930s.
Logan County Courthouse – Exterior (Downtown square)

Pictured Left – Civil War Veteran’s Statue – Dedicated to the Logan County military who died in the Civil War.

Civil War Cannon – Used in the Civil War by the Logan County artillery unity (sign). Robert Logan, son of our namesake of our county, was in the U.S. Legislature and felt that a day of remembrance for those who died in the Civil War was in order. He then was the head of the committee who established the first “Memorial Day.”

Indian Mother – Originally erected in 1906 (year after 3rd courthouse was dedicated) to remember our Native American heritage and the namesakes for many streets, sites, and even the state of Illinois.

This building from ground to dome top is 125 feet. The dome is 52 feet in diameter and a height of 60 feet. The Seth Thomas clocks are each nine feet in diameter. At the Broadway entrance is a tablet that pays homage to Abraham Lincoln.
The beautiful Cleveland sandstone Courthouse is the third county courthouse to stand on this site. The first courthouse here, built in 1855, burnt in April 15, 1857, losing many valuable records, including many back-owed taxes from Logan County residents. The fire was listed as “suspicious,” as it started in several locations at midnight. The second courthouse was then constructed and torn down in 1903 to make way for this modern structure. The present building was completed in 1905, one hundred and one years ago, and continues to fully function as our Logan County Courthouse.
Logan County Courthouse – Interior (Downtown square)

2nd Floor – The mosaic of the state seal is on the dome floor on the first level. It can best be viewed from the second story. The first and second floors hold county offices. The second floor courtroom features the original 1905 furniture, including leather seats and foot rails.

3rd Floor – Paintings on the third floor show the history of Logan County. Elkhart Hill, site of the first white settlement, brought us the three men who plotted Lincoln, Illinois. Logan County was originally part of Sangamon County. Logan County became its own county in 1839. Postville Courthouse was built in 1840 to hold the first of the new county’s courthouse needs and was also an 8th circuit courthouse where Abraham Lincoln traveled throughout five counties twice a year to hear various legal cases. With a population shift closer to Mt. Pulaski, Mt. Pulaski petitioned and was granted the county seat in 1847, when the new Mt. Pulaski Courthouse was built and was used as the 8th Circuit Courthouse for Logan County. The Mt. Pulaski Courthouse is one of only two original 8th Circuit courthouses still in existence today. In 1853, with the coming of the railroad, the population shifted back toward Lincoln. Lincoln petitioned and Abraham Lincoln presented this petition to the legislature that named Lincoln, Illinois as the new county seat that was granted at the election of 1854.

The Phone Booth, on the City Hall roof, was the original place, during WWII, for sky watchers to watch for civil defense. Later, they erected this phone booth to use for a weather spotting station. It had a full-functioning telephone to warn the people below that threatening weather was sighted. A few years back, for roof repairs, they were going to remove the phone booth. Public outcry demanded that it be replaced as it is a unique Lincoln icon.
Lincoln Lot Site (523 Pulaski St.) – A plaque located on the right hand side of this store identifies the location as a lot that Abraham Lincoln once owned.

Three Roses Building (123 S. Kickapoo middle of block across from courthouse west)
This is the only property in Lincoln, Illinois that Abraham Lincoln owned upon his death. He co-owned this property with his good friend and fellow attorney, Samuel Parks.

Arcade (middle of block across from courthouse south)
Horses were the means of travel back then, and this was the place for travelers to place their horses, have them brushed, watered, and rested.

Site of the Rustic Inn (Privately-Owned Building Across Alley to Vintage Fare Building 412 Pulaski – across alley to marker)

This was a local pub where three men from Mt. Pulaski planned to steal the dead President’s body and hide it just south of us in the Bear Caves at Lincoln Lakes. Unfortunately, they were drinking and spoke loudly of things that should be whispered. They were overheard by the bar maid who informed authorities. On the night of the “great heist,” they were apprehended before they could even enter the tomb. Fortunately for them, the attempted theft of a body was a misdemeanor and they received very light sentences. But because of this plot to take a President’s body, the laws were changed to make it a federal felony, with very stiff punishment.

Welcome to the award winning Lincoln College Museum! In the Spring of 2004, we received a special citation by the Lincoln Group of New York and we’re “One of the 10 best Lincoln-related sites in Illinois,” according to Illinois-NOW! travel magazine.

* Take a virtual tour of the Lincoln Museum (Requires Flash 6.0)

From many Abraham Lincoln items, to showcases of the rich local and college history, to a significant Presidential display and tribute and the September 11th exhibit which includes a three foot beam from Tower One, the museum offers a wide variety of historical exhibits pleasing to young and old.

History & Location
The museum is situated on the campus of Lincoln College, originating in 1865 and the only college named for Abraham Lincoln in his lifetime. The Lincoln College Museum began in the 1940s from a private collection of Judge Lawrence Stringer. Stringer willed it to the college instructing that a museum be built. Since then the museum has received many similar generous donations making it one of the most respected Lincoln-related museums in the United States.

Last year alone there were almost 3,500 people from 39 states and 8 foreign nations who visited the museum.

Mission
Our mission is to contribute to the knowledge of the Abraham Lincoln heritage, helping educate all to our wonderful history. We would love to meet you and provide you with a personalized tour. See for yourself why many people are continually amazed, impressed, and consider us a recommended visit for anyone interested in Abraham Lincoln.

Admission
Admission to the museum is free, though donations are welcome.

感染

世界保健機関(WHO)の統計は、今日どのように関連する感染症です。

トップ10世界的に死因唯一の5つの感染症や感染群、すなわち呼吸器感染症、下痢性疾患、HIV感染症、結核、新生児の感染症の中で自分自身を見つけるその後、取り残さ交通事故を残します。

HIV /エイズ、結核、マラリア組み合わせで、世界全体でおよそ500万人年(WHO)を殺します。

感染症は、今日は純粋に定量的に、主に発展途上の問題、特に熱帯諸国は、彼らが脅威であり続ける先進国でもあります。

死亡統計の原因の「トップテン」(統計局)の両方の男性と女性では年間約22,000人の死亡との抗生物質にもかかわらず、肺炎を作成します。

細菌感染:ほとんどは治療可能です

体内に皮膚を通過 – – 特に怪我の場合の細菌は、気道を介して、単細胞微生物、尿路、消化管としています。

多くの細菌は、人間には無害です。

いくつかは、だけでなく、重大な損傷を引き起こす可能性があります。

最も重要な細菌感染症の中でも特に古い時代に、生命を脅かすである肺炎球菌性肺炎が挙げられます。

同様に危険性髄膜炎はまた、若い人たちに影響を与える可能性髄膜炎菌、の感染によるものです。

世界的に結核は依然として著名な役割である、細菌感染症で再生されます。

病原体は、ロベルト·コッホ、結核菌によって発見されています。

細菌はまた、創傷および他の軟部組織感染症の最も一般的な原因です。

一般に、細菌感染は抗生物質を効果的に治療することができます。

ますます、しかし、多くの抗生物質に非感受性であるについて話しました耐性菌を作ります。

抵抗の開発のための重要な理由は、抗生物質は動物育種に医療ではなく、例えばだけではなく、あまりにも頻繁に、多くの場合、不必要な使用されていることです。

ウイルス感染は、慢性します

ウイルスは、非常にシンプルな特注のみ遺伝物質から成る粒子と、いくつかのタンパク質成分です。

あなたが独立して増殖するが、さまざまな方法で増殖する細胞性 “寄生虫”感染宿主細胞として使用することはできません。

生物学では、ウイルスは、従って生命と非生命の間のライン上に位置しています。

彼らははるかに上気道や下痢性疾患の感染の最も重要な原因です。

限り、ウイルス感染がわずかであるため、人間の体は非常によく理解されています。

彼らは特に弱者が発生した場合は、より積極的なウイルス、インフルエンザウイルスまたはに関するいくつかの熱帯のウイルスは非常に危険なことができます。

時々、ウイルス感染は、長年にわたって慢性的でもあります。

ウイルス性肝炎(肝炎)によって引き起こされる慢性は、このカテゴリに分類されます。

ウイルスが神経細胞にウイルスの皮を維持するのに人間の防御細胞およびヘルペス感染を攻撃するHIV感染は、ルール内の永続的な状態です。

そのため、簡単な構造と独自の代謝ウイルスの欠如の抗生物質に耐性です。

薬は現在、多くのウイルスの増殖を制御することができると、ウイルス特異的な薬物を生み出している。

しかし、それは成功し、完全に薬と排除するだけで私たちの体の免疫システムによって駆除することができないウイルスが、まれに成功します。

それが体内から消えることなく、制御の下で生涯続くHIVなどの近代的なHIV薬を保管してください。

寄生虫、真菌、およびプリオン

寄生虫は、多くの場合、肉眼では見えない、単一または多細胞生物であるが、少なくとも拡大鏡でアタマジラミの私たちの一部では一般的な寄生虫です。

また、サナダムシが発生します。

熱帯地方では、寄生虫の問題ははるかに顕著です。

マラリア原虫によって引き起こされるマラリアは死の主な原因にそこに属しています。

住血吸虫症は、淡水熱帯海域寄生虫疾患における吸虫によって引き起こされる、いくつかは、様々な臓器に重大な損傷を引き起こす可能性があります。

アメーバ赤痢に重症下痢疾患で線虫は、貧血を引き起こす可能性があります。

一つは共通の水虫病を無視場合、人間の真菌感染症は、まれです。

免疫システムを遅らせる薬の普及に伴い、キノコは、病原体が、得られた重要性があります。

さらに稀には、感染性タンパク質粒子によって引き起こされる疾患です。

この「プリオン」は、ほんの数年前に発見されました。

何の生き物が、内因性、ミスフォールドタンパク質(タンパク質)はありません。

これらは、クロイツフェルト·ヤコブ病、しばしば、しかし、死をもたらす稀変性脳疾患の原因物質です。

免疫力UPが鍵

じつはこれら感染症を予防するのには免疫力を向上させることが大切で、免疫力を向上させるには善玉菌を増やす事が重要であることが最近の研究でわかってきました。

免疫力とは、人間が意識しなくても常に働いている組織で、外部から侵入する病原体を撃退する仕組みです。

引用:善玉菌サプリの選び方・・・サプリメントを選ぶ時は胃酸や熱に負けない強い乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が含まれるものを選ぶと良いでしょう。

胃がんの原因とピロリ菌

事実にもかかわらずヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は 30年以上前に発見されたことのオーストラリアマーシャルとウォーレンは、生理学・医学、感染症にノーベル賞を受賞した胃腸疾患の数(GI)で病原体の関係を決定するため、引き起こされる。

ピロリ感染は、それがその治療に来る場合は特に、多くの研究者や医師のための課題です。

感染は、世界的に重要です。

教授D.グラハムは、最も一般的なヒトの感染症と呼んでいます。

世界人口の約60%が感染している。

H. ピロリ [2]。腺癌及び節外のB細胞リンパ腫-現在、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃の悪性腫瘍とのHp感染を結ぶ明確な科学的証拠があります。

85パーセントで99.9例%と慢性胃炎における胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症、再発は、-感染と関連しています。

ピロリ菌は、合併症や消化性潰瘍疾患の再発を防止し、長期療法と比較して、選択肢の費用対効果の高い方法です。

根絶の現代の標準的な方法H. ピロリ菌は、 1〜2週間のプロトンポンプ阻害剤と2つ又はそれ以上の抗生物質の使用に基づいて、治療レジメンは、個別に選択し、多くの因子に依存します。

治療の有効性は、主に抗生物質耐性の増加、ならびに近年、悪心、嘔吐、下痢、便秘、発熱、頭痛などの副作用(ADRの)に、80%に減少させた。

これらの問題は、患者の生活の質および治療 ​​の自己中止の低下につながる可能性があります。

抗生物質治療との既存の問題を克服するための別のアプローチは、予防接種をすることができます。

それはに対して「候補ワクチン」の有効性について前臨床試験が多数出版されたH. ピロリ菌の臨床試験の数が限られています。

残念ながら、テストは、これらのワクチンの有効性を識別するのに失敗した必要のため、ピロリ菌のライセンスを取得していないワクチンは現在ありません。

(既知の毒性因子にウレアーゼを標的化するため、例えば、)代替療法への関心の高まりや抗生物質の使用に関連した影響を低減することを目的とピロリ菌のアジュバント療法があります。

これらの目的のために、「可能性」ツールとしてプロバイオティクスが提案されています。

今日は、HPの感染症の予防および治療におけるそれらの可能な役割の研究のかなりの量です。

プロバイオティクスは、微生物とその代謝産物の数、の主に各種含み、ラクトバチルスまたはビフィドバクテリウム摂取時特定の番号に人間の健康にいくつかの利点を発揮する。

繰り返し様々な研究で説明抗生物質関連下痢症(AAD)の予防と治療を含む胃腸疾患に対するプロバイオティクスの有益な効果です。

多くの研究ではに対するプロバイオティクスの殺菌または静菌効果を実証したHを ピロリ菌後に前臨床および臨床試験で研究された。

これらの研究は、単剤療法におけるプロバイオティクスのH.ピロリ菌の活動のいくつかの有効性を示し、効率を高めるおよび/ ​​または標準の根絶療法に包含でのADRを減らします。

プロバイオティクスの可能なメカニズムは、ADRのを低減および/またはヘリコバクター・ピロリの治療の有効性を改善するためにA最も一般的なADRの除菌療法である。

抗生物質は、病原性条件付き病原菌を強化するために、細菌発酵プロセスの耐性株の蔓延をもたらす下痢を引き起こし、腸内細菌叢を変化させます。

一部の著者らは、プロバイオティック剤を用いて、急性下痢の発生の有意な減少を示しました。

プロバイオティクスは、例えば、腸粘膜を強化する免疫機構、活性化マクロファージを刺激し、地元のサイトカインプロファイルを調節することができます。

子供の感染におけるプロバイオティクスの導入はノーマル比復元ビフィズス菌を 大腸菌、血清中のIgAを高めるだけでなく、血清インターロイキンを減少させます。

プロバイオティクスの効果は免疫機構を介して、だけでなく、潜在的な病原体拮抗作用と競争を通じてだけでなく、発生する可能性があります。

具体的には、プロバイオティクスは、腸のバリア機能を改善するために、病原性微生物叢の毒素の産生を減少させるために、ムチン産生を刺激し、pHを変化、抗酸化剤及び抗菌剤を合成することが可能な栄養素のための病原体と競合し、腸の宿主細胞の表面に結合することによって、コロニー形成に影響を与えます。

最後に、微生物相アークから「腸-脳”おそらくもうつ病および不安障害の形成の病態生理に関与している、とは、腹痛の変調で可能な役割を果たしています。

プロバイオティクスの全てのこれらの効果は、ピロリ菌の根絶治療の有効性を増強するために提案されています。

ピロリ菌のウレアーゼは、アンモニアと二酸化炭素、及びアンモニアへの尿素の変換を触媒する、順番に、ローカル延命効果の酸度を中和水酸化アンモニウム形成可能性を報告している。

ラクトバチルス・カゼイの効果は、乳酸および細菌によって産生される他の有機酸の活性の増加と関連し得ます。

クローン病または潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の治療において特に重要である化合物で厚い上皮を形成しました。

また、胃粘膜を保護する上皮に参加し、ダメージ減少させることができる。

ピロリ菌の粘膜とその後の炎症。また、B. ティスで抗生物質との併用療法でのH. ピロリ菌根絶のための標準的なトリプル療法に同定された代替H. ピロリ 95% – 、その効率を大幅に十年前の結果と比較して、68.9%の近年減少します。

プロバイオティクス2週間以内に三剤併用療法のアジュバントとして添加したときに、同時に、または連続に成功した根絶につながりました。

乳酸桿菌は、ヒトの消化管における微生物である。

正常なヒトの胃の中のそれらの濃度は、0から10まで変化する3個/ gにさらされて、彼らは他の細菌よりも長い胃の中に残っています。

ピロリ菌の胃上皮病変の保護における局所細菌叢の役割の可能性にエリオットらの研究に見ることができます。

健康なラットの胃における総好気性菌量のレベルが10の範囲であることが見出され彼らは土着の植物相の胃で表されているラクトバチルスの、およびグラム陰性微生物はわずか5%を占めています。

しかし、その日は、これらのラット胃潰瘍の誘導後、総好気性菌は10に達した。

このグラム陰性菌は、総好気性で支配的になっていると乳酸桿菌は完全に消えてしまいました。

植民地化は、スポット潰瘍に主にグラム陰性菌を発生しました。

これらの結果は、胃の微生物叢が、 ​​しかし少量で、病原性細菌に対する防御の第一線であることを示しています。

コロニー形成を阻害することにより、ローカルの微生物学的恒常性を維持しながらこのように、外因性乳酸菌の消費量は、特にプロバイオティクス特性で、胃の中に保護機能を高めることができる。

ラクトバチルスが、競争力の成長を阻害することができます。

ピロリ菌の胃の上皮細胞上の[42]。同様の結果は、いくつかの株について記載されているラクトバチルス(含むL.アシドフィルスを ピロリ菌ヒトの胃インチ 乳酸菌培養液を使用した場合、この効果がより顕著であった。